コーヒーを飲むメリット・デメリット

f:id:maxwell8704:20190211142807j:plain

[目次]

コーヒーを飲むメリット

コーヒーにはカフェインを始め体に良い成分が多く含まれており、様々なメリットがあります。

覚醒効果

コーヒーに含まれるカフェインは適量摂取することにより頭が冴え眠気を覚ます効果が有ります。
20分程度で効果がでると言われており、昼寝をする前に飲むとスッキリ目が覚めるそうです。
個人差はありますがその効果は数時間続くそうです。

運動能力向上

カフェインには筋肉を活性化させ疲れを感じにくくする作用があります。
脳も興奮状態になるため運動能力が一時的に向上するという訳です。

集中力アップ効果

マンデリンやブラジルサントスの香りにはP300という脳波が早く出るようになる効果があるそうです。
このP300は「早く出現するほど集中している」とされている脳波ですので
この種類のコーヒーを飲むことで集中力アップ効果が期待できるということです。

リラックス効果

またコーヒーにはリラックスス効果もあります。
コーヒーの香りを嗅ぐとなんだかホッとしてリラックスできますよね。
特にグアテマラやブルーマウンテンの香りを嗅ぐとリラックスした時に出るα波が多く出るそうです。

死亡率の減少

国立がん研究センターによると1日3~4杯を飲む人の死亡率の割合はほとんど飲まない人に比べ0.76倍に減少するという結果が出ています。

他にも様々な効果

この他にも様々な効果がありますので別の記事で紹介いたします。
www.xn--n9j6hpd9gb1639bh7unyzo3o.com
www.xn--n9j6hpd9gb1639bh7unyzo3o.com

コーヒーを飲むデメリット

コーヒーには多くのメリットの一方でデメリットも存在します

  • 体臭や口臭の変化
  • ステインにより歯が黄色く着色してしまう
  • カフェインを取りすぎると眠れなくなったり精神的に不安定になることがある
  • 空腹時に飲むと胃が荒れることがある

デメリットもいくつかありますが、コーヒーを大量に飲まない限り問題にならないものが多いです。
ただしカフェインの過剰摂取には気をつけましょう。

コーヒーは一日何杯まで飲んでもいい?

カフェインの過剰摂取は良くないといいますが
具体的に一日コーヒー何杯まで大丈夫なんでしょうか?
食品安全委員会の資料によると「カフェインに対する感受性は個人差が大きいため、健康に及ぼす影響を正確に評価することは難しく、カフェインの一日摂取許容量(ADI)は設定されていません。」とあります。
また世界の状況を見ると妊婦は3~4杯までにするべきと書いてあります。
それ以外の人も、死亡率が一番減少する1日3~4杯に留めておくのが良いのではないでしょうか。