コーヒーに含まれる成分と体に与える影響は?

f:id:maxwell8704:20190210153852j:plain

眠気覚ましに飲むコーヒー、なぜ眠気覚ましに効くかご存知ですか?

実はコーヒーに含まれている成分が人体にとって色々とオトクな効果をもたらしてくれます。


今回はコーヒーに含まれる成分と、それらが体に与える影響をざっくりまとめました。


[目次]

カフェイン

コーヒーと言えばカフェイン。

主に興奮作用による眠気覚まし、疲労軽減、強心作用による代謝促進での脂肪燃焼効果、利尿作用があります。

コーヒーのカフェインには中枢神経を覚醒させて疲労や眠気を軽減してくれます。

学習と記憶の面に影響し、一般的に反応時間、集中力、運動能力を向上させる効果も。

利尿作用により体内の老廃物が排出され、また、血液中に含まれる体液の量が減り、むくみや高血圧にも効果があります。

カフェインを摂りすぎることでの副作用

一方コーヒーのカフェインは過剰に摂ることで副作用が起こることも確認されています。

興奮作用による不眠、めまい、妊娠中の胎児への悪影響、過度の利尿作用による脱水症状等。

ポリフェノール

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、有害物質を無害な物質に変える作用があります。

生活習慣病である動脈硬化や脳梗塞、癌などの予防にも役立ちます。

クロロゲン酸

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸には、胃液の分泌を促進させ消化を助ける働きがあります。

胃の消化能力が落ちると肥満や肌荒れ、ニキビの原因となるので、それらを防いでくれます。

また、クロロゲン酸に含まれる成分に血糖値上昇の抑制作用もあり、生活習慣病予防の役に立っています。

フェニルインダン

コーヒーの苦みを与える成分はこのフェニルインダン。苦味が苦手というかたもいますよね。

焙煎済のコーヒー内に含まれるその他のどの化合物よりも、アミロイドβ、タウ(※)の脳への蓄積を阻害する働きを持つことが判明しています。

※アミロイドβ、タウとは
脳内で作られるタンパク質の一種でアルツハイマー型認知症の発症に大きく関わっている物質

コーヒーの成分によるまとめ

コーヒーに含まれている成分は基本的に体に良いものばかりです。


眠気を覚ましたい時。

仕事や勉強時に集中力をあげたい時。

スポーツでここぞという時。


適度な興奮作用が助けとなってくれます。

一方で過剰な摂取による副作用もあります。

適量をまもり効果を把握することで、コーヒーの効果を最大限引き出すことできます!

コーヒーをよく知らない方にも是非おすすめです。自分にあったコーヒーが見つかりますように。



健康面でもう少し詳しく書いた記事はコチラ
www.xn--n9j6hpd9gb1639bh7unyzo3o.com

メリットだけでなくデメリットも書いてある記事はコチラ
www.xn--n9j6hpd9gb1639bh7unyzo3o.com